お探しの記事はこちら!

外構

外構はウッドデッキ・タイルデッキどちらが良い?メリット・デメリットまとめ

本記事は現役の現場監督であるレインボーさんに書いていただきました!

  • 「外構にデッキを設けたいけど、ウッドデッキかタイルどちらが良いの?」
  • 「ウッドデッキかタイルデッキにするかで悩んでいる!」
  • 「ウッドデッキ・タイルデッキのメリット・デメリットを知りたい!」

こんにちは、レインボーです。

私は一級施工管理技士の資格を保有し、現場監督を13年程経験してきました。

外構の計画時に、やってみたいことの一つにタイルデッキやウッドデッキがありますね。

どちらが良いのか悩んだり、どう違うのか分からないという人も多いと思います。

そういった悩みを今回解決するために、両者のメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

比較することで「理想の外構」が見えてくるでしょう。

両者を比較して、自分の住まいにとってどちらのデッキが合うかを見つけてください!

ぱぱらく
ウッドデッキとタイルデッキは外構でも悩むポイントですよね

 

ちなみに、すでに会社や土地が決まっていて「今の間取りプランに不安がある」という方はこちらの記事もおすすめです。
【間取り診断の裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

続きを見る

 

まだ家づくりを始めたばかりの人は、家づくりノートの書き方noteがおすすめ!

最後に無料プレゼントもあります。

\簡単3ステップ!無料です/



Instagramでも家づくり情報発信しています。フォローお待ちしています!

 

ウッドデッキのメリット

ナチュラルな雰囲気で人気のウッドデッキ。

ウッドデッキには、どのようなメリットがあるのか紹介します!

①リビングが広く感じられる

ウッドデッキをリビングの掃き出し窓の外に設置すると、リビングが広くなったように感じます。

リビングのフローリングとデッキの板の貼り方向を合わせると一体感が感じられて、より大空間を演出できます。

ウッドデッキはリビングのフローリングと高さを合わせる事も容易なので、リビングからの続き間という雰囲気に感じられますね。

②人工木だとメンテナンスが簡単

人工木だとメンテナンスが簡単です。

汚れた場合はスポンジやブラシで洗うとキレイになります。

注意

ワイヤーブラシ等でこすると傷つく可能性があるので注意!

耐用年数は一般的に10年~15年と言われています。

ぱぱらく
メンテナンスが楽なのは嬉しいポイント!

③天然木だと雰囲気が良い

天然木だとやはり本物の木の風合いが感じられて良いです。

塗装を行う等のメンテナンスは必須になりますが、自信がある人にはおすすめです。

少し値段が張りますが、ハードウッドという選択肢もあります。

メモ

ハードウッドは赤道付近に分布する広葉樹から製材された硬い木材で、雨に強く20年以上の耐用年数があります。

メンテナンスが苦手だけど、天然木が良い方はハードウッドがおすすめです

④タイルデッキより安く施工できる

ウッドデッキの方が早く施工できるので、価格もタイルデッキより抑えられます。

施工にかかる日数は、おおよそ下記の通りになります。

  • ウッドデッキが1~2日
  • タイルデッキが4~7日

材料の費用も工賃も、ウッドデッキの費用の方が安いですね。

外との高低差がある場合も、ウッドデッキの方が高さを合わせやすく、より安価に施工できます。

タイルデッキのメリット

続いて、スッキリとした雰囲気のタイルデッキのメリットを紹介します。

①劣化しない(耐久性が高い)

タイルデッキは基本的に劣化による損傷等がありません。

雨や紫外線による劣化が無いので故意的に割ったりしない限り、半永久的に持ちます。

後々リフォームしなくても良いのは大きなメリットですね!

ぱぱらく
ランニングコストがかからないのは嬉しいですね。

②掃除しやすい

タイルデッキは汚れても掃除がしやすいです。

水で流したり、ブラシでこすったりするだけで簡単に汚れが落ちます。

バーベキューをしてデッキを汚したとしても、サッと掃除ができるので安心ですね。

③デッキの下にスペースができない

ウッドデッキと違い、デッキの下にスペースができないので草が生えてくる心配がありません。

ウッドデッキだと下のスペースに草やコケが生えたり、虫が住みついたりという可能性があります。

タイルデッキはそういった心配が無いので、メンテナンスが面倒な人にとっては良いですよね!

ウッドデッキのデメリット

ウッドデッキ・タイルデッキ、それぞれに厄介なデメリットがあるんです。

まずは、ウッドデッキのデメリットについて、詳しく説明していきます。

①劣化する・寿命がある

ウッドデッキは劣化します。

天然木は塗装等のメンテナンスをしないと、腐ってきます。

ハードウッドは20年以上持ちますが、それでも寿命はあります。

樹脂デッキも長持ちしそうなイメージはありますが、耐用年数は10~15年くらいとなっていますね。

天然木は雨などの水分に弱く、樹脂デッキは紫外線により劣化してきます。

②熱に弱い

ウッドデッキは熱に弱いです。

バーベキューをする場合は注意が必要ですね。

熱い物が落ちた場合は天然木の場合は焦げ付きますし、樹脂デッキの場合は溶けます。

バーベキューをする場合は、デッキ以外のスペースで食べ物を焼いたり、デッキに専用のマットを敷くなどの対策が必要ですね。

③掃除がしづらい

ウッドデッキはタイルデッキと比べて掃除がしづらいです。

デッキの下にスペースがあるので、板の間にゴミが落ちる可能性がありますね。

下が砂利等の場合だと草が生えてくることもあります。

費用は上がりますが、デッキ下はなるべくコンクリートにした方が空間をキレイに保てるのでオススメ。

ぱぱらく
タイルデッキと比べると、清潔に保つのは難しそうですね。

 

タイルデッキのデメリット

続いて、タイルデッキのデメリットを確認していきましょう。

①タイルの光が反射する

タイルは光が反射します。

カーテンを開けた時は眩しく感じるかもしれませんね。

夏や明るいタイルの色ですと特に眩しいです。

②濡れた時に滑りやすい

タイルは濡れた時に滑りやすいです。

あまり雨の日にデッキに出ることは無いかもしれませんが、子供用のプールをした時にも注意が必要


表面がザラザラとした滑りにくいタイルを選ぶと良いですが、それでも滑る可能性があります。

注意

雪のときは雨のときより滑りやすいので注意!


ぱぱらく
お子さんがいるご家庭は、滑り事故に気をつけないといけませんね。

③割れる可能性がある

タイルは物を落とした時に割れる可能性があります。


割れても1枚だけ取り換えは可能なので安心です!

期間によってタイル自体が廃盤になっている場合もあるので、施工時の余りを保管しておくと良いですよ。

④室内の床の高さに合わせづらい

タイルデッキは基本的には、室内の床の高さまで上げる事はできません

基礎と外壁の間にある、「水切り」と呼ばれる板金の下にタイルが来る形になります。

ただし、タイルと建物の間にグレーチングなどの排水設備を設けるとフラットにすることはできますね。
少し価格は上がるので、外構業者さんに相談してみましょう!

 

タイルデッキ・ウッドデッキのメリット・デメリットまとめ

ウッドデッキのメリット

  • リビングが広く感じられる
  • 人工木だとメンテナンスが簡単
  • 天然木だと雰囲気が良い
  • タイルデッキより安く施工できる

タイルデッキのメリット

  • 劣化しない(耐久性が高い)
  • 掃除しやすい
  • デッキの下にスペースができない

ウッドデッキのデメリット

  • 劣化する・寿命がある
  • 熱に弱い
  • 掃除がしづらい

タイルデッキのデメリット

  • タイルの光が反射する
  • 濡れた時に滑りやすい
  • 割れる可能性がある
  • 室内の床の高さに合わせづらい

ウッドデッキとタイルデッキのメリット・デメリットを考慮して、自分たちにとってどちらが良いか選択してもらえると良いと思います。

ウッドデッキがおすすめな人・タイルデッキがおすすめな人はまとめると下記のような形です。

ウッドデッキがおすすめの人

  • ナチュラルな雰囲気のお家が好き
  • DIYが好きで、メンテナンスもできる
  • 少しでもコストを抑えてデッキスペースを作りたい

タイルデッキがおすすめの人

  • モダンな雰囲気のお家が好き
  • メンテナンスに手をかけたくない
  • 費用がかかっても耐久性の高いデッキが良い

デッキは洗濯物を干したり、バーベキューをしたり、くつろいだりと何かと便利なスペースです。

お家の雰囲気・予算・メンテナンスを考慮して、自分たち家族にピッタリなデッキが設置できると良いですね!

 

家づくり最中で「今の間取りプランに少しでも不安がある」という方はこちらの記事もおすすめです。

【間取り診断の裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

続きを見る

 

まだ家づくりを始めたばかりの人は、家づくりノートの書き方noteがおすすめ!

最後に無料プレゼントもあります。

\簡単3ステップ!無料です/
 

Instagramでも家づくり情報発信しています。フォローお待ちしています!

「後悔しない注文住宅」インスタグラムはこちら

 

「世界一かんたんな家づくりノートの書き方」というnoteを書きました

全て無料で読めて、たった3ステップで自分だけの家づくりノートが完成します。

ぜひ読んでみてください!

noteの最後に、無料プレゼントもついております!

\簡単3ステップ!無料です/

 

※内容を少し抜粋して紹介します↓

たったの3ステップで、実際にやってもらうことは全部で30分もかかりません。

このnoteのとおりに進めるだけで、世界一かんたんに「あなただけの家づくりノート」が出来上がります。

ありがたいことに、公開してからたくさんの感想をいただいています!

女性
色々なHMさんとお話ししているのですが、『家づくりノート』を持って行ったので、伝えるのが簡単、便利、かつ次にHMさんとの打ち合わせの時には、自分に合った間取りプランを持ってきてくださったので、話が早い!笑
時間はとっても貴重なので、家づくりノートは、本当に得でしかない!と思いました(←実感)
字にしてまとめることで自分の頭の整理になり、不安が少しだけ解消しました!
切り抜きして気になったことを書き込み、イメージを伝えるだけで設計士さんとの打ち合わせがすごくスムーズにできました!さらに視覚的に伝わり、言い忘れもふせげました。

パートナーとは打ち合わせで、意見が食い違って(ケンカw)して家づくりがすすまないこともあったのですが、家づくりノートだと話し合いがスムーズです。

男性
女性
家づくりノートの作り方がとてもわかりやすかったです!実際にぱぱらくさんが作られたノートの写真や体験談が載っていて、そこもすごく参考になりました!
家づくりノートを作ったおかげで、自分の頭の中でなんとなく思っていた希望が明確になった気がしますし、HMに言い忘れることもなくなりました!
女性

もちろん、家づくりノートは調べものをしたり打ち合わせを重ねることでどんどんページが増えていきます。

最終的にどんな家づくりノートになるかは、あなたの家族次第です。

でも、これから紹介する3ステップは一番大事な「木の幹」のようなものと思ってください。

少し強い言い方になってしまいますが、マイホームを検討している方なら全員やるべき内容だと考えています。

僕が大きな後悔なくマイホームを建てられたのは、間違いなく家づくりノートを作ったおかげです。

画像26

画像27

マイホームはほとんどの人にとって、人生で一番大きな買い物です。

なのに、「新居ができたばかりなんですが、後悔でいっぱいです・・・正直、もう引っ越したいです」という方を何人も見てきました。

僕はそんなマイホームで後悔する人を少しでも減らしたいと考えています。

家づくりノートはそのための第一歩です。

無料プレゼントもついておりますので、ぜひ読んでみてください!

\簡単3ステップ!無料です/

 

 

 

-外構

Copyright© 後悔しない注文住宅マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.