我が家の経験談

【サンゲツショールーム大阪】壁紙とクッションフロアを探しに行ってきました!

注文住宅ブロガーのぱぱらく(@paparaku999)です!

注文住宅の壁紙と床ですが、1階は基本的に漆喰塗り+無垢フローリングにする予定です。

2階は普通のビニールクロス+アクセントクロスにする予定。トイレや洗面はクッションフロア

というわけで、

  • 洗面所とトイレのクッションフロア
  • 2階の壁紙
  • 2階寝室・子供部屋のアクセントクロス

を探しに、大阪・サンゲツショールームに行ってきました!

そこまで興味なかったけど、かなり楽しかった!大体サンゲツで決める事になりそうです。写真大量でお伝えしていきます!!

サンゲツを検討している方、サンゲツのショールームに行こうと思っている方の参考になれば嬉しいです!!

ぱぱらくのインスタグラムはこちら。

サンゲツ 大阪ショールームの情報

サンゲツ 大阪ショールーム公式

ぶっちゃけ、場所はかなりわかりにくいです。ハービスOSAKAという建物の4Fにあります。

ぱぱらく
ハービスENTじゃないよ。

ちなみにプロのスタッフに案内してもらうなら電話予約が必要。ある程度イメージがあるなら必ずやってもらうべき。

でもこの日は平日なのに予約が全部埋まっていて、当日来店時に空きがあれば可能との事でした。

10時OPENと同時に入ったら1組の待ちがありましたが、10時半〜11時で案内してもらえました!

土日は人が多すぎて展示を見るのも一苦労だそうです。

ぱぱらく
可能ならば平日のOPEN直後がベストなタイミングと言えそうです。

サンゲツ 大阪ショールームへの行き方(JR大阪駅〜)

歩いて10分ほどですが、初めての人だとたぶん迷うと思います。下の写真が少しでも参考になれば。

↑JR大阪駅桜橋口を出る。都会すなぁ

↑ヒルトンホテルの隣にハービスENTがあります。正面の建物ね。

ハービスENTの中には劇団四季の劇場があります。

でもここはハービスOSAKAじゃないよサンゲツのあるハービスOSAKAはもっと向かって右に行った所の建物です。

↑ハービスOSAKAです。見づらいけど4Fにsangetsuの文字が。

↑ハービスOSAKAの4Fにはショールームとクリニックが入っているんですね。

サンゲツ 大阪ショールームの店外展示

↑ショールームの外に、IKEAであるような実際の部屋をベースとした展示があります。

↑おしゃれすなぁ。

↑普通のビニールクロスではなく、編み込まれたようになっている壁紙。

↑シックな寝室ですね。てか壁紙たけぇ!! 1㎡あたり5000円超え!と思ったけど、素材が全然違うんですね。

なんか織り込まれた布みたいになってる。

普通の壁紙は1㎡数百円、ちょっとデザインがいい1000番台と呼ばれるクロスで1㎡1000円が相場のようです。

↑広くて可愛いトイレ!鏡に奥さんが写ってしまった。

↑こんな感じで、1㎡1000円ぐらいですね。花柄のクロスの方がお得に感じる。

サンゲツ 大阪ショールームの店内風景

↑広いです!

↑目隠し的なものもあります。

↑シェードっていうんでしょうか。

↑ふむふむ。自販機やトイレもあります。打ち合わせスペースもたくさん。ベビーカーも人が少なければ問題ありません。

↑OPEN後1時間ぐらいで、かなり混んできました。平日やぞ。サンゲツって人気なんですね〜。

サンゲツ 大阪ショールームのクッションフロア

↑こんな感じでもうめちゃくちゃ種類があります。サンプルが床にいくつか敷いてあって、踏み心地や手触り、見え方を確認出来ます。

↑フロアやカーペットにも色々あるんですね〜。右側はゴルフボールを落とした時の音の違いを実験できるもの。

↑洗面所のクッションフロア第一候補。洗面所は洗濯機があるからホコリは多いし、髪の毛も多いから中間色が一番良いのだ。

↑良いけどな〜、飽きるよなぁ(遠い目)

↑タイル風ですが、シートになっています。こんなのもあるのね。

↑どう見てもタイルですが、シートです。めっちゃ良いよね!!

↑木目のクッションフロアも充実。木目も考えたんですが、建築家の人に

「通路が無垢の本物の木なので違いがはっきりわかってしまいます。クッションフロアにするなら木目は避けた方が良いです」との事。

まぁ並べちゃうと目立つかぁ。

↑可愛いけどね。飽きるよなぁ(遠い目)

↑良いけどね〜、飽きるよなぁ(3回目)

↑左側が、今の所トイレのクッションフロア候補ですね。

壁紙を選ぶ時のポイントを紹介します

ここからはプロに案内してもらい、色々説明を聞きながら見ていきました!

得られた知見をざっと書きますね。

①壁紙をまず決めてからクッションフロア等の床を決める方が良い

理由は、あくまで壁紙がその空間の雰囲気を決めるからです。

単純に床よりも壁と天井の方が面積が広いですよね。なので、まずは壁紙から選び、それに合ったフロアの色や質感を決めるイメージです。

ぱぱらく
部屋の雰囲気は壁紙で決まるって感じでしょうか。

②サンゲツの壁紙には3種類ある

SP、RESERVE、FINEシリーズ。FINEは2019年春ごろにラインナップが変わる為、SPとRESERVEから選ぶのがおすすめ

SPシリーズ・・・白の壁紙、1㎡数百円〜。ベーシックな壁紙。

ぱぱらく
我が家はSPシリーズから洗面所やトイレ、2階の壁紙をチョイス。

RESERVEシリーズ・・・いわゆる1000番台と呼ばれる少し良い壁紙。でも機能はほぼ変わらず、単純にデザイン性の問題

白以外の壁紙はこちらから選ぶ事になります。

ぱぱらく
我が家は子供部屋、寝室の1面をアクセントクロスにする為、それはこのRESERVEシリーズからチョイス

③面積が広いほど、薄く明るく見える

そのため、カタログで見るよりは展示で実際に壁になった状態で見るべき。

迷ったら、濃いめの色を選ぶ。

(アクセントクロスにライトグレーとか選んじゃうと、まわりを真っ白い壁紙にしないと似たような色になってアクセントじゃなくなってしまう

ぱぱらく
ぶっちゃけ、もっと濃い色にすれば良かったかなと思ってます。

以下の壁紙写真は全部RESERVEシリーズです(1㎡1000円〜)。

ベースとなる壁紙は白いシンプルなものです。そのうち1面だけ色の違うアクセントクロスを入れようとしています。

↑こんなのがアクセントクロスです。白い壁紙の中に一面だけ色の違う壁紙を持ってきてアクセントにすると。うーんおしゃれすなぁ。

↑奥さんはモルタルっぽい雰囲気を希望しています。

↑キレイな感じの壁紙ですね。

↑カタログである程度あたりを付けたら、展示でもう少し大きいものをチェック。

↑このあたりが、寝室のアクセントクロス候補ですね。

↑さらにモルタルっぽい、石材みたいな模様が付いているものもあります。

↑展示だとこんな感じですね。見た目は完全にモルタルです。これのどちらかが子供部屋のアクセントクロス候補ですね。

↑黒板もあります。子供部屋に採用するのもありですね。

↑おしゃれですね〜。これもお店だったら取り入れたいけど、家だったら飽きるよなぁ。

ちなみにサンプルは20枚まで無料でもらえます!

ぱぱらく
今回は上で紹介した候補となる12枚をもらいました!

(番外編)ハービスENTでタイのビュッフェへ

お昼ごはんをハービスENTで食べたので、せっかくなので載せます。

サンゲツがあるのはハービスOSAKAなので、隣の建物ですね。ちなみにここに授乳室がありますよ。

↑ハービスENTは高級感がすごい。マダム的な人がいっぱいいました。エスカレーターもおしゃれ。

↑こちらがタイ料理をビュッフェで楽しめるコムサイ・バイ・チェディルアンです。読みにくいわ。

↑とても美味しくリーズナブル!ただ、お腹がタイの香りでいっぱいになります。

サンゲツ大阪ショールームで壁紙とクッションフロアを探しに行ってきました!まとめ

というわけで、

  • 洗面所とトイレのクッションフロア
  • 2階の壁紙
  • 2階寝室・子供部屋のアクセントクロス

を探しに、大阪・サンゲツショールームに行ってきました!という記事でした。

サンゲツを検討している方の参考になれば嬉しいです!!

知らなきゃ損する、毎月5,000人が利用する「賢い選択」

家づくりは一生の買い物です。念願の夢のマイホームにワクワクしていませんか? しかし注文住宅は、業者の選びや打ち合わせなどがとても難しいです。

たとえば、あなたも家づくりで悩んでいませんか?

  • 失敗・後悔したくない
  • 納得のいく家を建てたい
  • できるだけ安くしたい
  • どこに頼めばいいのかわからない
  • ハウスメーカーと工務店の違いがわからない
  • 忙しくて家づくりができていない

家を建てるとき、このような悩みを抱えている方は多いです。

そのため、いざ家を建てようと思っても、どうすればいいのかわからないのではないでしょうか

ぱぱらく
せっかく買うマイホームです。絶対に失敗しないようにしたいですよね。

 

注文住宅を建てる際、相見積もり(あいみつもり:複数社に見積もりを依頼すること)を行い工務店を選ぶようにしてください。

これを行うことで、優良業者にマイホームの建設を依頼できるからです。

注文住宅の場合、あなたの要望やライフスタイルに応じてあなただけの住宅を建築します。

そのため、定価というものがなく、工務店によって値段が異なる可能性があります。工務店によって、仕様や施工方法などが異なるからです。

たとえば、仮に1社に見積もりを依頼したとします。 A社:3,000万円 この3,000万円という価格が果たして適正なのか判断することは難しいです。 高いかもしれませんし、安いかもしれません。また、この業者のサービスや提案などが良いのか悪いのかも判断できないのではないでしょうか。

そこで、相見積もりを取り複数社に見積もりを依頼します。

  • A社:3,000万円
  • B社:2,300万円
  • C社:2,500万円

このように複数社見積もりを依頼すれば、先ほどの3,000万円が高いのか安いのか比べることができます。また、その業者の提案やサービスなども比較できるのです。

ココがポイント

一生に一度の買い物なので、「この工務店なら安心して家を任せられる」ようなところに家の依頼を任せたいものですよね。

誰でも簡単に無料で見積もりを依頼する方法

そこで、業界で有名な「タウンライフ」があります。

詳しくはコチラ

【完全無料】公式ホームページはこちら

このサービスは、無料で資料請求が行える上に、簡単に見積もりを比較できるサイトになります。誰でも簡単にスマホからたった3分で申し込みができるため、人気のサービスです。

ぱぱらく
ファイナンシャルプランナーの資格を持つ僕から見てもおすすめのサービスです!騙されたと思って利用してみてください!そのくらいおすすめです!

また、注文住宅に役立つ無料のカタログが資料請求できるため、「どのような間取りにしたいのか」「資金計画はどうすればいいのか」など、マイホームの購入ならではの悩みをサポートしてくれます。

ココがポイント

これから注文住宅を検討している方は、まずはハウスメーカーの資料を無料で手に入れてどのようなプランにするのか考えてみてはいかがでしょうか。

ハウスメーカーや工務店の無料カタログがもらえる

実際にタウンライフ家づくりでもらえるカタログや資料の一部です。注文住宅を建てる上で、役に立つ内容ばかりなため、資料請求だけ行うのも1つの方法です。

注文住宅を建設する際、「どのようなプランにするか」「構造は何がいいのか」「価格帯はどのくらい」なのかわからないのではないでしょうか。

ココがポイント

まずは資料やカタログを無料で手に入れてどのようなプランにするのか考えましょう。

そして、注文住宅の購入を検討している方は、まずハウスメーカーや工務店の資料集めを行ってください。

ぱぱらく
まずは、どのようなイメージの注文住宅にするのかを考えなければいけないからです。

イメージやプランがわからなければ、それに合ったハウスメーカーや工務店を探し出すことは難しいですよね。
ハウスメーカーや工務店ごとコンセプトは異なります。

「工法」「構造」「価格」は、施工会社ごと異なるため、施工会社の特徴を知らなければあなたの理想通りの家を建ててくれる業者に家を建ててもらえません。

ココがポイント

そこで、まずは気になるハウスメーカーや工務店からカタログを貰い、注文住宅の構造や各ハウスメーカーや工務店ごとの特徴を知りましょう。

なお、以下はタウンライフ家づくりでカタログを請求できるハウスメーカーや工務店の一部です。ハウスメーカーや工務店のカタログを無料請求して、注文住宅の情報収集をしましょう。

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

たった3分!無料で見積もり&間取りを作ってもらう

【完全無料】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求

※完全無料・お断り自由

-我が家の経験談

Copyright© 後悔しない注文住宅マニュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.