お探しの記事はこちら!

注文住宅の相場

【注意】ハウスメーカーごとの相場は全く気にする必要がない3つの理由

ぱぱらく
注文住宅を建てたいけど、相場が安いハウスメーカーはどこだろう?
坪単価で相場を比較すれば良いのかな?
ぱぱらく

こんな悩みを解決します。

本記事では、注文住宅でハウスメーカーごとの相場は全く気にする必要がない3つの理由について紹介します。

注文住宅の相場で悩んでいる方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事を読んでわかる事↓

  • ハウスメーカーごとに「一応」相場があります
  • でも、そんなの気にする必要なし!その理由3つ
  • 注文住宅の予算で悩んだ場合の解決法
ぱぱらく
ハウスメーカーの相場が気になる気持ちはとってもよくわかりますが、注文住宅の場合は注意が必要です。

ハウスメーカーごとに「一応」相場があります

注文住宅の依頼先を検討するにあたって、ハウスメーカーの坪単価は知っておきたいところです。

坪単価はそのまま「ハウスメーカーの相場」として見る事が出来ますから。

例えばCMで有名なタマホームの坪単価は「36~69万円」、

セキスイハイムの坪単価は「60~90万円」となっています。

我が家は延床面積27坪ですが、これを例にとると

  • タマホームの建築費相場は972~1863万円
  • セキスイハイムの建築費相場は1620~2430万円

となります。

この数字を見ると、「タマホームの相場は低く、セキスイハイムの相場は高い」と感じますよね。

しかし調べれば調べるほど、

「ハウスメーカーごとの相場って、意味ないな」と感じたんです。

ハウスメーカーごとの相場を気にする必要がない3つの理由

注文住宅を建てる上で、ハウスメーカーごとの相場は全く気にする必要ないなと感じました。

以下の3つが理由です。

坪単価の定義はハウスメーカーが勝手に決める

実は、「坪単価」に明確な定義はありません。

「建物本体のみの金額で計算した場合と、外構などを入れた金額で計算した場合」で

坪単価は全く変わってきます。

さきほどタマホームの坪単価が安いという話をしましたが、実はこんな可能性だってあるのです。

坪単価40万円で延床30坪の家を建てたいから、建築費は1200万円ぐらいですよね!

いえ、あの坪単価には外構費や内装価格は含まれておりません。平均で300万円ていどプラスされると思ってください。

坪単価のみで相場を判断するのは危険です。

ハウスメーカーが坪単価で営業してきた際は、計算方法の前提をしっかり聞いておきましょう。

ぱぱらく
ハウスメーカーが言う坪単価に惑わされないで!

ハウスメーカーごとの相場に幅がありすぎる

  • タマホームの建築費相場は972~1863万円
  • セキスイハイムの建築費相場は1620~2430万円

このデータを見ると、どのハウスメーカーでも注文住宅の仕様によって1,000万円ほどの差が出てくる事がわかります。

坪単価が異常に安いハウスメーカーは、標準仕様がとてもチープな可能性があります。

  • クロスが数種類からしか選べない
  • 間取りに制限がある
  • フローリングなどのグレードも最低ライン
  • 設備仕様も選べない

気に入った柄を選ぶだけでもオプション費用になり、結局高額になってしまった・・

なんて事になりかねません。

注文住宅で坪単価が安いメーカーには、安いだけの理由があるのです。

メーカーごとのこだわりや特徴によって、坪単価が変わってくる

例えば「全館空調システムを特徴にしている」ハウスメーカーは、そうでない業者よりも坪単価が全体的に高くなります。

そして、「自然の風合いを大事にする」ハウスメーカーであれば、どんな材質を選ぶかによって坪単価は大きく変わってきます。

何が言いたいかというと、

「坪単価で選ぶのではなく、自分にあったハウスメーカーを選ぶべき」という事です。

坪単価が高いからといって、そのハウスメーカーを選択肢から外してしまうのはおすすめしません。

高いのにはそれなりの理由があり、その特徴がもしかしたら自分にあっているかもしれないからです。

子供にハウスダストアレルギーがあった場合、「アレルギーを予防するために土壁を多く採用している」ハウスメーカーや工務店に資料請求したくなりませんか?

せっかくの注文住宅です。「自分にあったハウスメーカーを選び、そこからコストダウンを考えていく」という流れで家づくりをするのがおすすめです。

希望予算から最良のハウスメーカーを見つける方法

一社一社を比較して最適なハウスメーカーを選びたいところですが、

ハウスメーカーはその数の多さに加えて、各ハウスメーカーがそれぞれに価格帯の違う商品やプランも用意しているため、

ひとつひとつ検討していては時間と労力がかかってしまいます。

最良のハウスメーカーを見つけるために、何をすれば良いか

希望予算から効率良くハウスメーカーを見つける手段として、
『複数のハウスメーカーから、同一価格でプランを提案してもらう』
という方法がおすすめです。

例えばですが、予算を2,000万円程度で考えている場合は、各ハウスメーカーから2,000万円でプランを提案してもらい、
その中から、“最も良いプランを提案してくれたハウスメーカーを選ぶ”
という方法です。

この方法でハウスメーカーを選ぶと、
価格が同一なので、各社の特徴やプランを比較しやすくなりますし、
土地や諸費用などの金額も考慮した上でプランを提案してもらうことができるので、
予算をオーバーすることなく、計画通りの家づくりができます。

何より、最良の提案をしてくれるハウスメーカーが見つかり、
同じ出費でより良い家を建てられることが魅力です。

この方法は、
『タウンライフ』というサービスを利用すると簡単に実践可能です。

タウンライフは、希望予算や要望を伝えるだけで、
地域のハウスメーカーや優良工務店から、
“一括で”プランの提案が受けられるサービスです。
家にいながら提案依頼ができるので、
効率良く情報を集めながら、より多くのハウスメーカーを比較できます。

通常のハウスメーカー選びに、タウンライフをプラスするだけで、
このようなメリットがあります。

〇 異なる特徴をもつ住宅会社から提案が受けられるので、視野が広がり、新しい発見がある。

〇 ハウスメーカーと工務店をバランスよく比較できる。

〇 見積もり書を作成してもらうことができるので、お金のイメージもつきやすい。

〇 あなたに合わせた提案書を見比べることで、各社の違いが分かりやすくなる。

〇 ネットから提案依頼ができるので、住宅業界によくある『売り込み』をかけられにくい。

〇 複数社への一括依頼で、時間と労力を節約できる。

〇 信頼できる情報をもとに、迷うことなく住宅会社を選べるようになる。

『タウンライフ』は、
“累計112万人”もの方々に利用されている、信頼性の高いサービスです。

ご利用された方々からは、

・「要望通りの間取りが出来て、理想の家が建ちました。」
・「子育てや家事の合間に家づくりを進めることが出来ました。」
・「複数社から提案を受け取ることができたので、自分に合ったプランに出会えました。」

など、多くの方が理想の家づくりを実現しています^^

最良のハウスメーカーを見つけ、素敵な住まいを手に入れるために、
あなたも今すぐご利用になられてみてはいかがでしょうか?

無料で気軽に利用できるサービスです。

詳細はこちら

ハウスメーカーに特化したプランはこちら

実際にやってみたレポートについては、以下記事をご覧ください。

【注文住宅の資料請求】やらなきゃ損する!失敗・後悔しない家づくりの裏技

-注文住宅の相場

Copyright© 後悔しない注文住宅マニュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.