建築価格の値引きを引き出す裏ワザ

 

今日は「建築価格の値引きを引き出す裏ワザ」についてお話します。

いくつかポイントはあるのですが、まず絶対にやってほしいことは「相見積もりをとる」ことです。

相見積もりとは、同じような家を建てるのに必要な見積もりを複数社からもらって比較することを言います。

 

これをやるのとやらないのでは大違い。

平気で「300万円安くなった!」なんて声もあるぐらいです。

私が聞いた中で一番大きな値引き額は「700万円」です。

 

なぜこんな事ができるのか・・理由は2つあります。

①定価は値引き分が考慮されているから
大手ハウスメーカーなんかは特に多いのですが、相見積もりからの値引きは当たり前ですので定価は少し高めに設定されています。
家電なんかでも値引きが当たり前で、定価はかなり高いですよね。あれと同じです。

②値引きをしてでも契約をとりたいから
例えば3300万円の家だとして、ハウスメーカーからすれば他社に取られると3300万円の損失になるわけです。
そして他社では3100万で建てられるとお客さんが言ってきている・・・それならうちは3000万円でどうでしょうか!となるわけです。

 

特にハウスメーカーで建てる予定の方は、複数の会社で相見積もりをとることを強くオススメします。
フォロワーの方と情報交換していると、セ〇ス〇ハイムなんかは数百万円の値引きは当たり前、という話をよく聞きます。。あまり言わないでくださいね💦

とにかく複数社で相見積もりをとる!
これは忘れないでください。

相見積もりをとるなら、一回の入力で見積もりがもらえるタウンライフがおすすめです。

私の体験談を読む

タウンライフ公式サイトはこちら

 

ちなみに建てたい工務店が決まっている場合でも、相見積もりを見せることで最低価格を引き出せます。
もしそこで最低価格が引き出せなくても、「このお客さんは相見積もりを取ってくる人だぞ・・・」と担当者に思わせることができるので、ぼったくることが一切なくなります笑

そうそう、相見積もりを取って他社も検討している場合は、それを素直に言ってくださいね。
相見積もりを取って比較するのは当たり前なので、向こうもよくわかっています。
「〇〇会社では同じような間取りで〇〇万円だったのですが、どうしてこうも金額が違うのでしょうか?」と、はっきり聞いてみましょう。
しっかりした根拠があれば、ちゃんと説明してくれるはずです。

明日は「間取りで後悔しないための裏ワザ」です!お楽しみに✨

Copyright© 後悔しない注文住宅マニュアル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.