注文住宅の間取り

間取りは?窓の有無は?実は多いトイレの後悔ポイントをまとめました!

注文住宅ブロガーのぱぱらく(paparaku999)です!

「トイレはまぁ普通で良いだろー」と思っているそこのあなた!

意外とトイレって後悔ポイントが多いです!

ココに注意

  • 窓をつけて失敗した・・・
  • 2階につけたけど、必要なかった・・・
  • 間取りをもっと考えれば良かった・・・

こんな意見、たくさんあるんですよ。

本記事では実は多い!見落としがちなトイレの後悔ポイントをまとめました!

ぱぱらく
毎日全員が使う場所だから、本当によく考えるべきです!!

見落としがちなトイレの後悔ポイント

リモコンに流すボタンがない

住宅に悩む人
壁際リモコンに流すボタンがあると思っていたのにない!レバーで流すしかない!

トイレの仕様をよく見ておかないと起こります。

ショールームにおいてあるものは細かいオプションが付いていて見栄えをよくしているし、

カタログの写真もかなりオプションが付いたおしゃれで便利な写真ばかり載っています。

ココがポイント

「こんな感じになっているだろう」ではなく、仕様をキチンと確認しましょう。

タンクレスかどうか・水栓がどうか等はすぐにわかると思いますが、スイッチの中身などは仕様が出てこないとはっきりした事はわかりません。

これ盲点だった・・・ちゃんと見ておこう。              

ぱぱらく
セーフ!リモコン操作になっていました!

奥まで腰掛けるとかかとが付かない

住宅に悩む人
身長150cmの私、奥まで座った時にかかとが浮いちゃう・・・

こ、こんなこともあるんですね・・

これはやはりショールームに行くのが1番ですね。実際に座って確認するのが間違いないです。

また手洗いの高さやペーパーの高さなども把握しておきましょう。

ちなみに僕と奥さんは標準より背が高いため、キッチンの作業台は880mm、レンジフードも180cmと高くしてもらっています。今の家だと洗い物すると腰は痛いし、料理する時に何回頭ぶつけたかわかりません。

ぱぱらく
トイレに限らず、できればショールームに行って体感するのが一番です。

トイレ壁際の手洗いシンクが小さい

住宅に悩む人
トイレにカウンターの手洗いをつけたけど小さい・・・水が飛び散って掃除が大変。

最近よくありますよね。トイレ本体に手洗いが付いてなくて、トイレ室内の壁際についてるってやつ。

これが小さくて、気にせず洗うと水が飛び散ってビチャビチャになると。

あーなるほどね。これはあるな。

我が家はトイレ内に手洗いがなくて、トイレを出た所に洗面を用意しました。

でも蛇口と洗面ボウルがあるだけなんで、水が飛び散る問題は我が家も同じです。

我が家の失敗

手を洗った後にコックに手を伸ばして水を止める時に絶対ボウルの奥に水滴垂れます。

木の板に水滴は良くないので、透明のビニールシートを敷いています。よく机に貼っているような薄いやつをホームセンターで購入。

↑ちなみにこんな感じです。トイレのドアを開けたら手洗いコーナー。

ぱぱらく
この手洗いコーナーは玄関のそばにあって帰宅時にも使えます。とってもおすすめ。

トイレに窓をつけて後悔

住宅に悩む人
断熱性が高い窓でも冷気を感じてしまって、結露まで出てしまった・・

いくら機能性の高い窓といえど、壁に比べればもちろん寒いです。

これは僕の考えですけど、換気扇で良くないですか??

確認するとトイレドアの下に通風孔があって天井に換気扇がある為、下から上の空気の流れは確保されています。窓よりも換気能力は高いです。

ココに注意

窓があると掃除は必要だし寒いし暑いし結露するし防犯にも良くないです。

明るさもそんなにいらないでしょ、という意見で夫婦一致しました。

おしゃれな照明をつけると、雰囲気のあるトイレになりますよ。

ぱぱらく
このトイレと照明、かなり気に入っています。

狭いと圧迫感がある、0.5坪は必要

住宅に悩む人
トイレが想像してたより狭くて圧迫感がある・・・

0.5坪というのが一般的なトイレのサイズだそうです。900mm×1800mmですね。

まぁ感覚によりますが、確かにビルとかですごく狭いトイレありますよね。笑

家のトイレぐらいは0.5坪ちゃんと確保しようぜと。確かにそうだ。

ちなみに我が家のトイレはというと

ぱぱらく
0.5坪ないじゃねぇか!!!

皆さん!我が家のトイレは狭い事をここに報告しておきます!!

で、実際に住んでみた感想ですが・・・

ぱぱらく
そんなに気にならないですね。

まぁ広いに越した事はないけど、これ以上広くても・・・という感じ。

ただ、扉だけは外開きか引き戸にしてください。内開きだとさすがに狭いですし、勢いよく開けた時に中の人に扉がぶつかってしまう危険があります。

トイレの位置・間取りで大きな後悔

住宅に悩む人
階段下にしたけど圧迫感がある・・・
リビングやキッチンの隣だと用を足した時の音が聞こえてくる
住宅に悩む人

玄関付近と2階がベストではないかという意見です。

これは賛成ですね。実家は階段下にトイレがあったんですが、めちゃくちゃ狭い

ぱぱらく
今思い返しても実家のトイレは好きな空間ではなかったです。

あと、リビングやキッチンに近いと音が聞こえてくるってかなり致命的。

ご飯食べてる時、リビングでくつろいでる時に水を流す音が聞こえたら嫌ですよね。僕だったらトイレに行くのがとてもおっくうになると思います。

でも、リビングトイレでも全く後悔していないという声もありましたよ。

ココがポイント

リビングがある程度広くて、開き戸にしていて密閉度が高いと音は聞こえないようです。

あと、リビングにくっついていると暖かくてありがたいという声もありました。

子供が小さいうちは目の前で見ていないとだめですからね。

3歳ぐらいのトイレで大きい方だと20分ぐらい目の前で応援してます。

こんな時、廊下が寒いと辛いですよね・・・(前のマンションはまさにそんな状態でした)

ぱぱらく
リビングトイレは一長一短ですが、音と臭いの問題にさえ気を付ければアリです。

ちなみに、トイレが玄関に近いと逆に来客と鉢合わせになる、という問題があります。

これは玄関と対面にしない、カーテンなどの目隠しをする事で対応できます。我が家はこんな感じ。

↑トイレのドアと玄関ドアが対面にならないことに注意し、カーテンもつける予定です。

これで2階にトイレがあれば言う事なしだったんですが、予算とスペースの関係上断念しました。

ぱぱらく
我が家のように2人兄弟を持つ4人家族で、今のところ問題はありません。5人家族だとたぶんきつい・・

やはり最新のトイレは良い、入れて良かった

今のトイレって確かにすごくて、質が全然違います。

1階は最新のものを、2階はリーズナブルなトイレを導入している方も多いですが、掃除をサボった時の汚れかたが全然違うようです。

我が家は1階にしかトイレがないし、工務店の割引もあったのでタンクレスの良いやつにしました。

結果、めちゃくちゃ良いです。

パナソニックのアラウーノにしてるのですが、泡洗浄のおかげで全然トイレ内が汚れません。

ぱぱらく
ぶっちゃけ、住んで半年経ちましたがトイレの中はまだ掃除した事ないです。

間取りは?窓の有無は?実は多いトイレの後悔ポイントまとめ

まとめ

  • リモコンに流すボタンがない
  • 奥まで腰掛けるとかかとが付かない
  • トイレ壁際の手洗いシンクが小さい
  • 窓をつけたら冬寒い
  • トイレの位置に注意
  • 最新のトイレは検討するべき

というわけで、見落としがちなトイレの後悔ポイントをまとめました!家づくりやリフォームの参考になれば嬉しいです!

知らなきゃ損する、毎月5,000人が利用する「賢い選択」

家づくりは一生の買い物です。念願の夢のマイホームにワクワクしていませんか? しかし注文住宅は、業者の選びや打ち合わせなどがとても難しいです。

たとえば、あなたも家づくりで悩んでいませんか?

  • 失敗・後悔したくない
  • 納得のいく家を建てたい
  • できるだけ安くしたい
  • どこに頼めばいいのかわからない
  • ハウスメーカーと工務店の違いがわからない
  • 忙しくて家づくりができていない

家を建てるとき、このような悩みを抱えている方は多いです。

そのため、いざ家を建てようと思っても、どうすればいいのかわからないのではないでしょうか

ぱぱらく
せっかく買うマイホームです。絶対に失敗しないようにしたいですよね。

 

注文住宅を建てる際、相見積もり(あいみつもり:複数社に見積もりを依頼すること)を行い工務店を選ぶようにしてください。

これを行うことで、優良業者にマイホームの建設を依頼できるからです。

注文住宅の場合、あなたの要望やライフスタイルに応じてあなただけの住宅を建築します。

そのため、定価というものがなく、工務店によって値段が異なる可能性があります。工務店によって、仕様や施工方法などが異なるからです。

たとえば、仮に1社に見積もりを依頼したとします。 A社:3,000万円 この3,000万円という価格が果たして適正なのか判断することは難しいです。 高いかもしれませんし、安いかもしれません。また、この業者のサービスや提案などが良いのか悪いのかも判断できないのではないでしょうか。

そこで、相見積もりを取り複数社に見積もりを依頼します。

  • A社:3,000万円
  • B社:2,300万円
  • C社:2,500万円

このように複数社見積もりを依頼すれば、先ほどの3,000万円が高いのか安いのか比べることができます。また、その業者の提案やサービスなども比較できるのです。

ココがポイント

一生に一度の買い物なので、「この工務店なら安心して家を任せられる」ようなところに家の依頼を任せたいものですよね。

誰でも簡単に無料で見積もりを依頼する方法

そこで、業界で有名な「タウンライフ」があります。

詳しくはコチラ

【完全無料】公式ホームページはこちら

このサービスは、無料で資料請求が行える上に、簡単に見積もりを比較できるサイトになります。誰でも簡単にスマホからたった3分で申し込みができるため、人気のサービスです。

ぱぱらく
ファイナンシャルプランナーの資格を持つ僕から見てもおすすめのサービスです!騙されたと思って利用してみてください!そのくらいおすすめです!

また、注文住宅に役立つ無料のカタログが資料請求できるため、「どのような間取りにしたいのか」「資金計画はどうすればいいのか」など、マイホームの購入ならではの悩みをサポートしてくれます。

ココがポイント

これから注文住宅を検討している方は、まずはハウスメーカーの資料を無料で手に入れてどのようなプランにするのか考えてみてはいかがでしょうか。

ハウスメーカーや工務店の無料カタログがもらえる

実際にタウンライフ家づくりでもらえるカタログや資料の一部です。注文住宅を建てる上で、役に立つ内容ばかりなため、資料請求だけ行うのも1つの方法です。

注文住宅を建設する際、「どのようなプランにするか」「構造は何がいいのか」「価格帯はどのくらい」なのかわからないのではないでしょうか。

ココがポイント

まずは資料やカタログを無料で手に入れてどのようなプランにするのか考えましょう。

そして、注文住宅の購入を検討している方は、まずハウスメーカーや工務店の資料集めを行ってください。

ぱぱらく
まずは、どのようなイメージの注文住宅にするのかを考えなければいけないからです。

イメージやプランがわからなければ、それに合ったハウスメーカーや工務店を探し出すことは難しいですよね。
ハウスメーカーや工務店ごとコンセプトは異なります。

「工法」「構造」「価格」は、施工会社ごと異なるため、施工会社の特徴を知らなければあなたの理想通りの家を建ててくれる業者に家を建ててもらえません。

ココがポイント

そこで、まずは気になるハウスメーカーや工務店からカタログを貰い、注文住宅の構造や各ハウスメーカーや工務店ごとの特徴を知りましょう。

なお、以下はタウンライフ家づくりでカタログを請求できるハウスメーカーや工務店の一部です。ハウスメーカーや工務店のカタログを無料請求して、注文住宅の情報収集をしましょう。

  • 家づくりを何から始めれば良いのか分からない…!
  • 理想の注文住宅を1円でも安く建てたい…!
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい…!
  • 地元密着の優良工務店を知りたい…!

このいずれかに当てはまるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

たった3分!無料で見積もり&間取りを作ってもらう

【完全無料】手間のかかる申し込みを1度で!複数のハウスメーカー・工務店に一括資料請求

※完全無料・お断り自由

-注文住宅の間取り

Copyright© 後悔しない注文住宅マニュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.